超うざい栄養士 きじろうのにっき

HSの事に関して記事を書いてます。皆さんの参考になれば幸いです。twitter:@kijiro5_HS asia battletag:kijiro#1110

5/13 コミュニティ交流戦「Enter the Coliseum」に参加して

 

皆さんおはこんばんにちは。

雉郎です。

 

前の記事から1ヶ月以上も空いちゃいましたねw

 

リアルが忙しいのを言い訳に休日ダラダラしていたのがバレてしまいますね。

 

 

 

 

今回は5/13に行われたコミュニティ対抗戦「Enter the Coliseum」に関して記事にさせて頂きました。

 

参加コミュニティ

「Enter the Coliseum」(以下EtC)は「金チョー同盟」、「ノズドルム祭祀場」「Next Level Good games〈NLGG〉」、そしては我らが「Golden Commons〈GC〉」の4つのコミュニティが参加しました。

豪華な他コミュメンバーに私は非常に緊張してあうあうしてましたが、皆さん良い人達ばかりで緊張感はすぐに取り除かれました。

 

対戦方式

EtCはポイント制によるコミュニティ対抗戦で2つの部に分かれて対戦しました。

 

①…ブロック制のスイスドロー形式。4つのブロックに分かれており、1ブロック各コミュニティ1名づつ計4名選出します。

対戦形式はコンクエスト・3HERObo5が2ブロック、コンクエスト・3HERO1BANbo3が2ブロックでした。

 

②…bo1のフルトーナメント。

人数に制限なしでした。

 

私は①のBAN有りのbo3に出場しました。

 

私が選択したデッキ

選んだHEROはウォリアー、ドルイドパラディンでした。

 

デッキ構築と採用理由を紹介します。

 

”テンポウォリアー”

f:id:kijiro5:20170523174817p:imagef:id:kijiro5:20170523174826p:imagef:id:kijiro5:20170523174842p:image

懐かしのテンポデッキ。個人的に一番好きなデッキ。あまり綺麗なレシピではありませんが個人的に今はこの型が使いやすく、安定した強さがあります。

 

序盤は”ン=ゾスの一等航海士””海賊パッチーズ””血を霊液に”で盤面を確保、”烈火の戦斧””死憎悔いのグール”で除去。

 

中盤は”泡を吹く狂戦士””コルクロンの精鋭”でプレッシャーをかけ、大切なミニオン”ブラッドフーフの勇士””愚者殺し”で守ります。

 

終盤は尽きかけたハンドを”狂瀾怒濤”キュレーター”で補い、フィニッシュは”イセラ”です。

 

このデッキは極端に苦手なデッキが無いのでストッパーとして今回の交流戦に採用しました。

 

”アグロドルイド

f:id:kijiro5:20170523183443p:imagef:id:kijiro5:20170523183448p:imagef:id:kijiro5:20170523183453p:image

今回一番最初に採用を考えたアグロデッキです。

私のブログで一番最初に紹介したデッキで思い入れも深いです。

デッキの速さなら世界一ィィィィィなので遅いデッキには有効だと思い、持ち込みました。

 

採用カードに関してですが

このデッキは”動き回るマナ””ビタータイド・ヒドラを採用していません。

 

理由?持って無いからです。

 

代わりに”飛刀手流忍者・六丸”+お魚出張セット(ブルーギル×2、戦隊長×2)と”ドッペルギャングスター”を採用しています。

 利点は六丸でブルーギルを展開し、ロアロアコンボを切れる事、ドッペルギャングスターも動き回るマナとは違い一時的とはいえマナを失わないから良いですね。

 

カードパワーが負けている点以外はオールオッケーだと思います。(致命傷)

 

マリガンは何としても1マナミニオンを取りに行き、2T目にミニオンを3体並べられるなら”蓮華紋”もキープします。

 

”魔法のワタリガラスがキープ出来ているなら、”ヤシャラージュの烙印”もキープします。

 

後はミニオンを並べつつ、守りながら相手のライフを削りに行きます。

 

ザックリな説明ですが、アグロドルイドはマリガンが肝だと思っているので深くは説明しないでやんすよ。

 

”モルテンシュートパラディン

f:id:kijiro5:20170523193455p:imagef:id:kijiro5:20170523193457p:imagef:id:kijiro5:20170523193459p:image

 

採用理由:ヒーメットが当たったから。以上。

 

非常にコンボ性の強いデッキ。

究極のデッキ圧縮能力を持つこのデッキですが、私はデッキ圧縮が大好きなので飽きずに練習する事が出来ました。

一撃必殺!が好きな人に是非オススメしたい。

\テーレッテー/

 

立ち回りですが、21枚の3マナ以下のカードが序盤を守ります。

 

回復、挑発、武器に加え優秀なマーロックミニオン達がいるので5T目まで耐え抜きます。

 

最速6T目でこのデッキの要、”ジャングルハンター・ヒーメット”を召喚します。

 

デッキはこれで最高で8枚です。

入っているカードは

・暴走コドー×1

・六丸×1

・聖なる怒り×2

・キュレーター×1

・始祖ドレイク×1

・溶岩の巨人×2

になります。

 

後は

 

モルテンを相手のフェイスにシュゥゥゥーッ!!

超!エキサイティン!!

 

交流戦でも2回キメる事が出来たので気持ち良かったです٩( 'ω' )و

 

結果発表

 私個人の結果は

むくちさん(NLGG)、ゾンビ野郎さん(金チョー同盟)、CEUさん(ノズドルム祭祀場)の三人に対し全て2-1で勝利し、ブロック1位になりました!!

 

今までで一番嬉しかったかもしれません。

 

チームとしては

2位という結果に終わりましたが、初めてチームとして大会に出たので胸を張っていられると思います。

 

交流戦の利点について

交流戦に出て感じた事として新たな人脈が広がり、他コミュニティとの交流が出来て親睦が深まるのはアドですね。

 

そして、多くのプレイヤーと出会い新たな発見、目覚ましい成長が期待出来ます。

 

コミュニティの活性化にもなるし、何よりコミュニティの宣伝になるかと思います。

 

我々”Golden Commons”の知名度はそこまで高く無いですし、凄く有名になりたい!!という気持ちがある訳では無いですが交流戦を通じて多くの人に

「”Golden Commons”というカジュアルなコミュニティがあるんだ。楽しそうだね。」って認識されるとやっぱり嬉しいですね。

 

最後に

今回交流戦に携わった多くの方々に感謝したいと思います。

 

そして、お疲れ様でした!!

未だにあの時の興奮が忘れられません!!

 

また近いうちに交流戦が出来る事を願ってます╰(*´︶`*)╯

 

 

 

以上で交流戦に関しての記事はおしまいです。

 

ザックリ&拙い文章ですいません。

 

そろそろ上手い文章書けるようにしたいなぁ(´ー`)

 

次回は何を書こうかな?

モルテンシュートとか確率の話とか面白デッキ紹介とか…etc

 

リクエストがあれば是非ご一報下さいねwww

 

 

 

それでは皆さん

 

おやすみなさい。